健康管理士から学ぶ生活習慣病予防

最近、各地方自治体に配属されている健康管理士について説明します。
健康管理士とは正確には健康管理士一般指導員と呼ばれます。


戦前にはなかった生活習慣病ですが、現代では治療にかかっている人は人口の3割と言われるほど増加しています。その原因は当サイトであげている通り日頃の生活の不摂生からくるものですが、それらを指導、改善へ導くアドバイスをしてくれる人達が健康管理士といいます。


各自治体で健康管理士を採用し、活動の一環として高齢者の健康管理や食事療法の手伝い、運動不足にならないようにエクササイズイベントを行うなどの活動がありますが、一番の効果は食事療法で具体的にどんな献立や食材をつかえばいいのjかをアドバイスしてくれる点でしょう。


健康管理士の仕事は予防医学とも言われており症状が起きる前に改善することを目的としています、すでに症状が出ている人達は専門医師による処方が必要となりますが、生活改善病予備軍の人達なら初期段階で食事療法、適度な運動によって改善することが可能であり、その手助けをするのが仕事のひとつとなっています。


特に高齢者の一人暮らしの人だと身近に健康について相談できる人がいないケースもおおく、そう言った人達にとっても健康管理士の人達は大事な存在だといえます。


自分の住んでいる地域に健康管理士がいれば会合などで集まったときに食事内容の見直しなどのアドバイスを得ることもできますから相談してみるとよいでしょう。