生活習慣病と糖尿病の関係について

生活習慣病でもっとも発症しやすく治療に時間がかかる糖尿病について。
糖尿病は生活習慣病の中でも発症すると治療に時間がかかり、非常に危険な病気と言われてます。


糖尿病とは血糖値が異常に高い状態を指しますが、血液中のグルコース(ブドウ糖)が高い状態にも様々な要因があり人のよっては症状を自覚できない人もいます。


具体的には下記のような症状が糖尿病の自覚症状となります。

喉が異常に乾く
:尿を大量に排出する、尿の匂いが甘くなる
:意識障害がおきる、立ちくらみやめまいが頻繁におきる


などが挙げられます。糖尿病には2種類ありひとつは1型糖尿病と呼ばれるもの、次に2型糖尿病と呼ばれるものに分かれます。


1型糖尿病の特徴は脾臓の細胞が破壊されてしまいインスリンが活動しなくなることで高血糖になるのが特徴です、痩せている人や若い年齢の人で糖尿病を患っている人のおおくが1型糖尿病のケースがおおいようです。


2型糖尿病の特徴は生活習慣病で指摘される過剰な食事と運動不足から引き起こされる確率が高いのが特徴です。肥満などが原因でインスリンの分泌量が少なくなり糖尿病となりますが1型と違う点は肥満を解消することで症状が改善される点です。