生活習慣病、脂質異常症、高コレストロールについて

生活習慣病の中に含まれる高コレストロールによる病気が脂質異常症について説明。
この症状は主に糖尿病や喫煙による生活習慣病から発症するケースがおおいのですが生活習慣を改善することで症状が緩和、完治することができるものです。


脂質異常症は血液中に含まれる脂質が極端に多いか不足している状態を指しています。


治療法として有効なのがダイエットによる体脂肪の減少、食事療法による摂取量のコントロールがあります。適切な食事と運動を取り入れることで体質の改善を行います。


体脂肪が溜まり過ぎると血液中のコレストロール値が高くなり、悪玉コレストロールは心血管系にダメージを与えるリスクが高いと言われています。


高コレストロールによる弊害には動脈硬化性疾患も含まれており肥満体型の人と標準体型の人とでは肥満体型のほうが動脈硬化を起こすリスクが高くなります。