健康体でいられることのメリット

生活習慣病にかぎらず病気のない健康な体と病気を持っている体とどちらがよいか?と問われて病気持ちの体がよいという人はそういないことでしょう。


健康な体のほうがよいのは分かっているのに生活習慣病にかかりやすい傾向の人達は普段の生活でわざわざ病気になろうとしています。これは本人たちが生活習慣病に関する知識が少ないことが原因なのですが、健康でいられることのメリットについて説明します。


まず、健康であることのメリットは病期がないので穏やかな気持ちで日々を過ごせる可能性が高くなること、次に好きなものを摂生しないで食べることができること。


更に健康であれば趣味やスポーツなどに時間をかけることができ病期による制約がないこと。
特に年齢を重ねても継続できる趣味やスポーツの場合は制約されないことの自由は代えがたいものではないでしょうか?


病期の場合には旅行に行く際にも行動に制約がかかりますが健康であれば病期による制約の不自由さからは開放されます。


そして健康であることの最大のメリットは病期治療にかける医療費を節約し、その分を自分のやりたいことに使うことができることです。特に病気治療にかかる費用がなくなるだけでも貯金や旅行などに充てることができるので健康でいることのメリットを感じれるのではないでしょうか。