生活習慣病とは

生活習慣病という言葉を耳にする機会はありますが具体的にどのような症状を生活習慣病と呼ぶのか?生活習慣病があてはまる条件や病名について説明します。


生活習慣病で代表的な病気として、高血圧、脂質異常症、肥満、糖尿病などがあげられます。これらの病気に共通するのが過食と運動不足が原因による肥満から起こる可能性が非常に高い事です。


さらに突発的におきる症状として脳卒中などもありますが、これも肥満体質、糖尿病を患っている人のほうが標準体型の人より発症しやすい報告されています。


生活習慣病になる原因のおおくが日頃の不摂生にあることは上記でも説明していますが、食生活の偏り、運動不足、喫煙は生活習慣病につながりやすく運動不足による肥満化はメタボリックシンドロームとして更に健康を害するまでに発展します。


メタボリックシンドロームになることで糖尿病、高コレストロール血症にもなりやすくなるため、医師の判断によって食事制限、ダイエットなど行わないと健康に障害が発生するのも生活習慣病が怖いと言われる理由のひとつです。



生活習慣病はかつては成人病と呼ばれていて、その名のとおり成人になってから起きる確率の高い病気がおおく、その原因のほとんどが日頃の習慣によるものであることが特徴でした。病名が成人病から生活習慣病へとかわった理由には日頃の生活習慣を改めることで予防しましょうという意味もあります。