生活習慣病改善のための節酒、禁煙のすすめ

お酒が好きでタバコも好きという人がお酒もタバコもほどほどという人より健康でいられるのか?
という実験データーがあるそうですが約7割のお酒好き、タバコ好きの人の寿命は程々の人達より短い寿命だったそうです。


どちらが体にダメージを与える可能性が高いか?
という面から考えてもやはり過度な飲酒、喫煙が体にダメージを与えるのは明白でしょう。


食事療法と共に生活改善病の改善で行われるのが節酒と禁煙となります。
とはいえ、昨日までお酒もタバコを嗜むのが好きだった人が辞めるれるのならとっくに辞めているわけですから、それだけ辞めるのことが難しいとも言えます。


全てを断ち切るのでは毎晩飲んでいたお酒の量を減らしていくことから始めてお酒の量を2日に1回、3日に1回というように頻度を少なくすること、喫煙者が禁煙するためのグッズは市場に沢山あるので有効に活用するなど、今までの量から少しずつ減らしていく努力は必要となります。


お酒や喫煙は高血圧にもつながりやすいため高血圧から起きる病気の予防にもつながります。
特に喫煙は動脈硬化性を引き起こす原因や癌になるリスクも高くなるので過度に喫煙している人は量を減らすか禁煙する必要が後々、発生する日がくる確率が高いでしょう。